本文へスキップ

日本合氣道普及連盟 公認道場
合気道の真髄を探究する Aikido Hoshinkan


活動報告report

 トップページに戻る

熊本市の武蔵ケ丘を中心に熊本市内及び菊池郡菊陽町で活動している合氣道豊心館の対外活動状況を掲載します。

合氣道豊心館活動内容

平成29年度秋季交流会
 平成29年11月19日(日)、佐賀県のみやき町中原武道館において、交流会が約70名の参加を得て行われました。今回は連盟会員の交流会・指導者講習会に対する要望アンケートに基づいて、野口敬史陽聖館長が2時間、衛藤健吾双平館長が1時間の稽古を行って頂きました。アンケート結果を受けての初めての交流会であり、指導館長には工夫の入った指導でありました。10時半に集合、午後3時半には散会となり、今年最後の交流会も無事終わることができました。
豊心館の参加者は、豊田駿一館長、西野浩幸三段、甲斐堯三段、高見友浩初段、甘田太亮初段、川上千尋1級、山下智子1級でした。

 


第23回センター祭に参加
 平成29年10月15日(日)、菊陽町武蔵ヶ丘コミュニティセンターのセンター祭に参加しました。当日は生憎の雨の中、約500名の来場者を頂くことができました。菊陽町町長、教育長、各校長始め地域の代表者の参列を頂き、ステージ部門23講座、展示部門15講座の発表がありました。そのか中、13時15分から豊心館の発表。子ども達の「正面打ち一ケ条表技」「突き一ケ条抑え技」「突き小手返し」の後、甘田初段・川上1級による「短剣技」を行い、途中、気迫のこもった演武に、感嘆の声があがりました。出演者の皆さんの日ごろの稽古以上の出来栄えに、流石と私も感心をした一日でもありました。
 尚、このコミュニティセンター会長は豊心館館長豊田が務めており、運営の陰に豊心館の会員の大いなる一助があったことに、深く感謝申し上げます。
 出演者は、朝日鼓太郎9級、三浦瞬斗7級、坂本琥太郎10級、三浦柚愛11級、原煌陽15級、原優惺11級、岡田凜華11級、岡田怜爾12級、岡本心太朗11級、田中康大11級、川上千尋1級、甘田太亮初段、西野浩幸三段でした。
 他に森章勅3級の協力がありました。有難うございました。

 
 
 

平成29年度夏季合宿交流会
平成29年9月2日(土)、3日(日)、夏季合宿が連盟公認道場51名の参加で阿蘇市の連盟本部道場で開催された。
当日は9月の音連れと共に、過ごしやすい気候となり、午後1時から稽古が始まった。本多親徳館館長、野口陽聖館館長、M田北星館館長の指導が各1時間行われた。
稽古後は内牧温泉ホテル「角萬」に移動、温泉にて汗を流し、懇親会ではお互いに合気道に対する想いなどを交換し合い、有意義な時間を共有しました。
翌日は、午前10時から宮原祐氣会会長の指導があり、11過ぎの解散となりました。
今回は、今年10月に連盟結成満6年を迎えるに当たり、これからの研修会及び運営をどのようにするか、の意見交換を行いました。各館長から貴重な意見を頂きましたので、より良い方向に収斂していきたいと考えています。
豊心館の参加者は、豊田館長、西野浩幸三段、甲斐堯三段、高見友浩初段、甘田太亮初段、山下智子二級、川上千尋二級でした。

 
 
 


平成29年度夏季子ども合宿
平成29年7月29日(土)、30日(日)、子ども合宿が阿蘇市内牧の日本合氣道普及連盟本部道場で行われました。今回は初めての参加者も多く、29名の子ども達が集まりました。
午後1時半過ぎから稽古が始まり、育翔館木村館長から突き方、横面の打ち方、突き・横面に対する捌き、基本技が2時間にわたり指導が行われました。稽古休憩時には、かき氷が用意され、何杯もお代わりする子も沢山いました。
稽古終了後には、近くの温泉で汗を流し、帰ってきてから「スイカ割り」です。豊心館の三浦瞬斗がスイカを見事に真っ二つに割り、皆の喝采を浴びました。
夕食を挟んで、花火大会。大きな打ち上げ花火が夜空に絵を描きました。その後は恒例の肝試しです。道場毎にチームを組み、順に出かけましたが、遠くの暗闇から「キャーキャー」という声が響き渡りました。就寝は9時半でした。
翌日は、6時半からラジオ体操の後、朝食。午前の稽古は8時半から親徳館本多館長から体捌き、呼吸力、基本技の指導がありました。
何人の怪我人もなく、無事2日間の合宿を終えることができました。
豊心館の参加者は、豊田館長、三浦瞬斗、三浦柚愛でした。

 
 
 


平成29年度春季交流会を開催
晴れ渡る春の下、日本合氣道普及連盟の交流会が、約60名の参加で開催されました。昨年は熊本地震の影響で中止になりましたが、多くの会員の参加で充実した稽古となりました。指導は木村功育翔館長、豊田駿一豊心館長、衛藤健吾双平館長の下、午前・午後の三回行われました。
 昼休みを利用して連盟の総会・理事会が行われ、平成29年度の行事計画とともに、役員改選が行われました。理事に衛藤健吾双平館長が新しく選任され、他は再任となり、会長に豊田駿一豊心館長、副会長に野口敬史陽聖館長が選任されました。
豊心館の参加者は、豊田駿一館長、西野浩幸三段、甲斐堯三段、甘田太亮初段、川上千尋三級でした。

 
 

平成28年度秋季交流会を開催
 平成28年11月20日(日)、佐賀市総合体育館武道場において、題記の交流会が開催されました。計画では豊心館主催で熊本市総合体育館での開催でありましたが、本年4月の熊本地震の影響で同館が閉鎖されたため、双平館衛藤館長のお世話で、佐賀市での開催となりました。
当日は56名の会員と共に午前11時から午後3時まで、昼食をはさんで3回の稽古となりました。午前は濱田忠道北星館館長、午後は野口敬史陽聖館館長、宮原明雄祐氣会代表の指導があり、楽しく、充実した稽古となりました。
 また、連盟理事会があり、29年度の活動方針の検討が行われました。
豊心館の参加は、豊田駿一館長、甲斐堯三段、高見友浩初段、甘田太亮一級でした。

 

第22回武蔵ヶ丘CCセンター祭に参加
 平成28年10月16日(日)題記のセンター祭が開催されました。当センター祭は、武蔵ヶ丘CCで講座を開いて活動している講座生と共同で運営をしている年一回の発表会となります。当日はステージ発表25プログラム、作品展示17講座、体験4コーナーの他、食バザー5コーナー及びリサイクルショップが設けられ、約500名の来場者がありました。豊心館はステージ発表に出演、子ども達を中心に16名が基本体捌き、基本技を披露しました。合気道を始めて5ケ月余りの子どももいましたが、通常の稽古より皆正座の姿勢も良く、気合の籠った演武となりました。最後は椎場修斉君(4級)の「杖の型」で締めくくりました。
豊心館の出場者は、つぎの通りでした。
岡田凛華(12級)、岡田怜爾(14級)、神谷紅葉(12級)、神谷紅緒(13級)、坂本琥太郎(11級)、岡本心太朗(12級)、原優惺(級外)、原煌陽(級外)、川上創史(9級)、三浦瞬斗(9級)、三浦柚愛(12級)、三浦恵子(5級)、田中康大(級外)、村上龍馬(6級)、東憲誠(1級)、椎場修斉(4級)

 
 


阿蘇市に災害復興支援金を寄付
 日本合氣道普及連盟は、平成28年9月12日(月)熊本地震で大きな災害を被った阿蘇市に対して、支援金を寄付しました。これは平成28年6月の総会において、県外の会員から「未曽有の災害に対して、連盟で手伝うことは出来ないのか」という発議により、実現したものであります。
 阿蘇市は、連盟本部道場の所在地であり、平成23年10月の本部道場落成式においは、佐藤義興阿蘇市長には出席・祝辞を頂いておりました。
当日は市長室において、豊田駿一連盟会長、木村功連盟理事(事務局)が阿蘇市長に対して目録、金一封を手渡すことで行われました。
その後の懇談において、市民の生活支援に加え、断層の敷地・農地の復旧、文化・公共施設の復旧、国道57号線を始めとする道路の復旧、観光・商業収入の激減、そして復旧を実現する復興資金の確保などを聞き及び、改めて復興事業の困難さと長期化に心が痛む思いがしました。
 我々は微力ではありますが、「合気の道」を通して、地域の方々に貢献することを使命と任じ、これからも精進を重ねてまいりたいと決意を新たにした次第であります。
 この度は、連盟の公認道場、会員の皆様方にはご協力、誠に有難うございました。感謝申し上げます。

平成28年度夏季合宿交流会を開催

平成28年8月27日(土)、28日(日)、熊本地震後初めての研修会が、阿蘇の本部道場で開催されました。当日は幹線道路が寸断され、不便な山道を渋滞の中、約60名の会員が集まりました。
稽古指導は、木村功育翔館長、本多理一郎親徳館長、豊田駿一豊心館長が行い、久しぶりの交流会に汗を流しました。夜は角萬での懇親会で互いの心を通わすことができ、楽しい一夜を過ごしました。
翌日は衛藤健吾双平館長の指導で一時間の稽古を終え、11時過ぎに散会しました。
豊心館の参加者は、豊田駿一館長、甲斐堯(三段)、西野浩幸(三段)、高見友浩(初段)、甘田太亮(1級)、三浦恵子(4級)、山下智子(4級)でした。

 
 


センター祭への参加

平成28年1月17日(日)、武蔵ヶ丘コミュニティセンター祭に参加しました。当日の発表は開催講座62講座のうちステージ発表25講座、展示発表19講座があり、豊心館はステージ発表として参加しました。当日は生憎正午近くから雨模様となりましたが、約500名の来場者で賑わいました。豊心館は午後1時半から、基本の体捌き、基本技、短剣技、杖の型の演武を行いました。
豊心館の参加者は、岡本心太朗(13級)、坂本琥太郎(12級)、神谷紅葉(13級)、岡田凜華(13級)、椎場修斉(5級)、村上龍馬(7級)、東憲誠(1級)、西野浩幸(三段)、泉春志(6級)、東泰誠(初段)、朝日進一郎(5級)、甘田太亮(2級)でした。

平成27年度秋季交流会の開催
平成27年11月15日、合気道普及連盟交流会が、長崎県諫早市の多良見体育センターに於いて行われました。
交流会は午前11時に始まり、昼食をはさんで3時間の稽古を行いました。午前中は、祐氣会の宮原代表、午後は親徳館の本多館長、陽聖館の野口館長の指導のもと、呼吸力や基本技で汗を流しました。
また、昼食時間を利用して連盟の理事会が開催され、28年度の業務執行方針等について協議がなされました。
豊心館の参加者は、西野浩幸三段、甲斐堯三段、高見友浩初段、甘田太亮二級でした。

指導者講習会の開催
平成27年10月4日(日)、本部道場において指導者講習会が初めて開催されました。当日は公認道場から次世代を担う26名の参加者がありました。「合気道の精神」の基本に鑑み、呼吸力を中心に育翔館の木村館長の指導のもと2時間の稽古が行われました。
豊心館の参加者は豊田駿一館長、甲斐堯参段、西野浩幸参段でした。

第三回夏季合宿交流会の開催
 54名の参加を得て、27年8月29日(土)、30日(日)に日本合氣道普及連盟本部道場において合宿交流会が行われました。
当日は、陽聖館の野口館長、祐氣会の宮原代表、北星館の濱田館長の指導のもと、三回の稽古が行われました。宿泊は「ホテル角萬」、温泉につかり、会員の皆さんとの懇親を深めました。
翌日は10時から双平館の衛藤館長の指導がありました。呼吸力、護身術、基本技など各館長の創意工夫された指導で充実した合宿となりました。
 豊心館の参加は、豊田駿一(館長)、甲斐堯(三段)、甘田太亮(三級)でした。

第三回夏季こども合宿が開催
 27年7月25日(土)、26日(日)こども合宿が日本合氣道普及連盟本部道場で開催されました。台風12号の接近で北星館の参加は見送りとなりましたが、13名のこども達が集合しました。
 当日の午後、酷暑の中おやつを挟んで二回の稽古を行い、皆で近くの温泉に汗を流しに行きました。夕食後はスイカ割り、花火、肝試し等を行い、楽しく過ごして9時に就寝。翌日は台風の九州上陸が予想され、予定の行事を中止して、午前8時の解散となりました。
その後、豊心館のこども達は白川水源、猿回し劇場を見学して帰宅の途につきました。
豊心館のこども達の参加は、東憲誠(3級)、椎場修斉(7級)、内田奏多(7級)でした。